ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.876 黄金の15年(1月9日)

60歳からの15年を「黄金の15年」という言葉があるようだ。この期間は定年後で時間はあるし、まだ身体も動くしということで、人生の中でもしたいことが出来て行きたいところへ行ける特別充実した期間ということらしい。ドクターは最早3年使ってしまっているので残り12年ということになるが、残数を数えるのが良くないのはこれまでの人生経験から分かっているので、残数数えは止めて「今が一生の中でも恵まれた時間」なのだという自覚を持って大切に過ごすことにしたい。そういえば、この頃は1日のほとんどを自分で自由に使えるし、行きたいところへも行ける。金銭的な問題など諸条件があるし性格でもあるのか、そんなに思い切ったことは出来ていないが、十分に恵まれているような気もする。「黄金の〇年」この言葉に出会わなければ、今の恵まれた時間を漠然と過ごすところだった。今後は毎日を感謝を持って味わいながら過ごすようにしたい。と言っても実際にやることや行くところはそんなに変わらないかもしれないけれど、心構えが違う。

 ☆思いがけず友達に出会ったり、静かなラウンジで車の点検をゆったり待つドクター。これらはやっぱり黄金の期間だからだ。実際には結構バタバタしてましたけど、これは性格だから現役時代も黄金時代も変わらないか。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年6月20日
    Dr.1982 次の頑張り(6月20日)
    2024年6月19日
    Dr.1981 できることをやる(6月19日)
    2024年6月18日
    Dr.1980 どう考えるか(6月18日)
  • ページのトップへ戻る