ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)

いつも行くトレーニングセンターの駐車場が一杯だったので、遠い駐車場にするかトレーニングをやめて帰るか思案しながら進んで行くと、通常は駐車禁止の「歩行者用通路」に停めている車があって、その向かいが空いていたのでつい停めてしまった。逡巡しながら停めて外に出ると、それをたまたま近くにいた顔見知りの人が見ていた。「やっぱ(ここに停めるのは)まずいですよね」と言うドクターに対して、その人は「今日は雨も降っていて歩行者もいないので、(そこに停めても)いいんちゃいますか」と言ってくれたが、公明正大に生きるドクターとしては恥じ入るばかりだった。滅多にしない、たまたまの悪事だが、「お天道様は見てる」というのか、「悪事はばれる」というのか、つくづく悪いことは出来ないと実感した。たまたま、その時に限ってと言うことが、たまたま、その時に限って見ている人がいるものだ。今後はこの教訓を忘れないように裏表なく生きたい。それにしても、たまに良いことをした時には、誰も見ていてくれないのは不公平なように思うが、誰かに褒めてもらおうとしてやるようなせこい善行ではだめだということか。これも時々だが、自分の行為が良い方に過大評価される時がある。お天道様は本当に見てくださっているのか。いやいやお天道様を疑うのではなく、お天道様の目を警鐘として、自分の行いを正していきたい。そうすればお天道様は時々褒美をくださる。勿論、褒美を当てにするのではないけれど。

 ☆お城前広場で行われたイベント。この日はちゃんと駐車場にとめて見に行ったが、高校生やら子ども店長やら、嬉しい子どもの成長の姿を見せてもらった。やっぱりちゃんとお天道様は見てはる。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2022年6月27日
    Dr.1304 自然の中で(6月27日)
    2022年6月26日
    Dr.1303 やはり何か(6月26日)
    2022年6月24日
    Dr.1302 いつまでいけるか(6月24日)
  • ページのトップへ戻る