ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.723 折々のことば(7月13日)

新聞休刊日の朝、忘れていつもと同じ時刻に起きてしまって、いつもなら新聞を読む小一時間をどうしようかなと思って、手帳を読み返したり、昨日の新聞をもう一度読み返したりした。物忘れが進む身としては手帳のスケジュールは無くてはならないものだ。残念なのはこの頃では冒険指導や講演の依頼もなく、ほとんどが真っ白なことだ。手帳の後ろのメモ欄にはこれまで出会った名言や大事にしたい言葉が綴ってある。近年は代々の手帳から抜き出した名言中の名言、ドクター丹後の生き方エッセンスとなる字句が記されている。真相はこの頃は良い言葉を見つける感度が鈍化して、1年たっても手帳の後ろがほとんど埋まらないから、これまでの言葉で特に気に入ったものを書き写しておかないと真っ白なまま1年が終わるからだ。ともかく、今年の手帳に書き写した語句は、長年かかって大事にしてきた自分の生き方そのものだ。いくつかを紹介すると、「あなたが仕事を選ぶのではなく、仕事があなたを選び、あなたを呼んでいる」「『何のために生きるのか』ということはこちらから問うことが出来るものではなく、『人生から問われていることに全力で応えていくこと』つまり『自分の人生に与えられている使命をまっとうすること』だけができること」等々だ。その後昨日の新聞を読んだが、これも物忘れが進む身としてはありがたいことに、昨日読んだ内容をほとんど忘れているので、新鮮な気持ちで読むことが出来た。その中に「折々のことば」という小欄があって、筆者が出会われ感銘を受けられた言葉が紹介されているが、こちらはドクター手帳の言葉とは違って毎日更新されている。よく感度が鈍らないことだ。触発されて「折々のことば」を手帳に書き写したが、もの忘れが進む身としては、この新しい習慣をいつまで覚えていられるかが心配だ。

 ☆新聞休刊日の朝、これまでに感銘を受けた言葉を書き写した手帳を読み返し、改めて自分の生き方を確認するドクター。これだったんだ、自分の生き方は。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
    2020年11月23日
    Dr.830 物忘れ功罪から(11月23日)
  • ページのトップへ戻る