ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.674 市会議員のメリット・デメリット(5月21日)

丹波篠山市議会議員になってまだ3週間ほどで議員の仕事の何たるかも分かっていないのに、議員のメリット・デメリットを言うのは時期尚早だとは思うが、新人議員の今だからこそ感じる思いを綴っておきたい。メリットというのか議員になって良かったと思うのは市役所に何かを尋ねても直ぐに答えてくれることだ。例えば、地域人材の活用策の一つである「まなびすとバンク」(講師登録をした市民を学校や子供会などが依頼する制度)はどれぐらい利用されていますか?と尋ねると、たちどころに近年の利用実績一覧を出してきて説明して頂けた。これは別にドクター丹後が議員だからということでもないかもしれないが、ともかく市政でわからないことは何でも聞けるようになった(遠慮が無くなった)。デメリットいうのか困ったこととしては、市全体を考える立場だからと特定の活動(例えばあいさつ運動)を推薦できなかったり、選挙法の関係もあり市が設立する新型コロナ対策基金への寄付ができなかったりすることだ。ともかく議員ということで、これまで一市民として自由に行ってきたことが制限される。自由がいいなら議員など公職につかなければいいんだが、議員だからできることもあり、これからもさらに議員になって良かった点悪かった点を見極めたい。でもまあ、議員であろうと誰であろうと、何事であろうと、物事にはメリット・デメリットはつきものだ。ここでもドクター丹後が愛する人生訓「二つ良いことさてないものよ」(人生全て思い通りには行かない)が生きてくる。

 ☆新型コロナウィルスに関する休業手当や支援策は多様で、次々新しいものが出てくるので分かりにくいが、丹波篠山市の市役所HPには「新型コロナウィルス感染防止に係る市の対応・措置等について」が比較的わかりやすい。そこへの辿り着き方は次のような感じです。

 ◎丹波篠山市HP>市の施策(支援策)などはこちら> 新型コロナウィルス感染防止に係る市の対応・措置等について

 ☆議員になって時間に拘束されることが少なくなり、自由時間にまちの様子を見て回ることが出来る。時間に制約が少ない分、自分の時間管理能力が問われ、24時間365日が勤務(待機)時間ともいえる。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年10月25日
    Dr.805 即答力(10月25日)
    2020年10月24日
    Dr.804 そこそこ(10月24日)
    2020年10月23日
    Dr.803 弱気(10月23日)
  • ページのトップへ戻る