ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.613 人生で何をするか(3月16日)

先日バレンタインデーのお返しを購入するため神戸のケーキ屋さんに行った。そこは教師になって初めて担任した生徒(と言っても今ではドクターと10歳違いのおっさんパティシエになっている)がやっているお店だ。年に一回この時期に顔を見がてら立ち寄ることにしている。元気そうで安心したが、考えて見ると彼が卒業したのは工業高校の土木科だった。それが卒業後いろいろあって今では神戸のケーキ屋さんになっている。奥さんと二人で店を切り盛りし(ケーキ職人見習いも雇っているようだが)喫茶店もやっていて、地域のお馴染みさんの行きつけの場所になっている。地域にとっては無くてはならない存在だ。ドクターの土木科担任クラスを出て、工務店やタイル職人・道路整備業をしている者もいるが、貿易会社社長、公務員、大工さん、船員など様々な仕事で社会に貢献している。人生で何をするかは高校(学校)で何を学んだかだけでは決まらず、いろんなご縁で進む道が決まっていく。誰かが言っているように(多分ドクター)、人生の道が決まるのは、人生で何がしたいかという自分の意志より、人生が(その人に)何を求めるかという天の意志だ。いずれにしても、いろんなご縁でその地域に暮らす多様な職種の人の力が合わさって社会は成り立っている。地域を絶こうちょう(活性)化するのは、まずはその人たちが各自の専門分野でその役割を果たすことと周りの人と連携することだと思う。多様な人々との連携(良好な人間関係)はとても一人では出せない大きなパワーを出す。

 ☆教師になって初めて担任した生徒が営むケーキ屋さんで、くつろぎながら人生や地域の在り方について考えるドクター。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月27日
    Dr.834 世の中は狭い(11月27日)
    2020年11月26日
    Dr.833 レベルの低い感謝(11月26日)
    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
  • ページのトップへ戻る