ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.530 懐かしい声(12月12日)

朝、濃霧の中を運転しているとブルーツースで繋がる車内電話に聞き覚えのある懐かしい声が入った。「お元気ですか?突然副所長(丹波教育事務所時代のポスト)の顔が浮かんで声が聞きたくなったものですから」と10年ほど前に一緒に働いていたAさんからの電話だ。こちらも懐かしく一頻り当時の話で盛り上がった後、ふと彼が急に私を思い出してくれたのはドクターがもうすぐこの世とお別れする前兆ではないかと不安にはなったが、それはともかく自分のことを思い出して電話をかけてきてくれる人がいるというのは有難いことだ。しかも話の中で「副所長が来られてから職場が和やかになりましたね」と語ってくれたのは嬉しかった。同じ日に別の人からも「丹後さんがいると和む」と言われたので、自己評価はやめたものの自分に確固たる自信が無くなりかけていたドクターとしては、「和む」をキーワードに自分の存在意義があるようで、これは「お気楽」「上機嫌」にも通じる自分の追求する生き方とも合致して、失いかけていた自信をちょっと取り戻させてくれた。このすぐ自信を無くしたり、またちょっとしたことですぐ自信を取り戻したりする「軽さ」も自分らしいなと思う。

 ☆濃いい霧の中から遥かな思い出とともに懐かしい声が聞こえてきた。その声はドクターに無くしかけていた自信を一時取り戻させてくれた。またすぐ無くすと思いますが、このおっさんは。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月18日
    Dr.775 親ガチャ(9月18日)
    2020年9月17日
    Dr.774 初体験(9月17日)
    2020年9月16日
    Dr.773 足し算命(9月16日)
  • ページのトップへ戻る