ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.506 捕まってたかもしれない体験(11月14日)

時々ある講演会などで、「焦りや悩みが襲ってきた時には、死んでたかもしれない体験を思い出す」と楽になりますよという話をすることがある。人間生きているとだれも、人間関係や仕事、生き方やお金の問題などで悩まない人はいない。一時的には悟ったような気になっても、また迷いや不安に襲われる。その際の脱出策として、ドクターは自分の経験から、過去に何度かある「死んでてもおかしくなかった体験」や「仕事を辞めなければならなかったかもしれない体験」等を思い出すようにしている。そうすると、今の状態がいくら悪くっても、死んでたかもしれないよりはまし、仕事を辞めてたら退職金も何もなかったわけだからそれと比べたらまだ恵まれていると思って、焦りや悩みが消える。死んでたかもしれない体験等の具体的な話はまた別の機会に譲るとしても、死んでたかもしれない体験はそうそうあるわけではないが、先日黄色信号で止まった時に交差道路の先頭にパトカーがいてあのまま黄色信号で突っ走っていたら、信号無視で捕まっていたかもしれない体験をして、その体験が契機となってその日を心穏やかに過ごした話をしたい。黄色信号で突っ走った場合には、そのタイミングやパトカーがいた場合等に捕まることがある。ドクターはもう1点でも交通違反があれば、免停90日以上の要注意状態にある。だから慎重な運転を心がけていて今回も黄信号で早めに止まって正解だった。もしこれが捕まっていれば、免停で車に乗れない状態が1月以上、反則金も何十万円か分からなかっただろう。そのことを考えれば、その日も特に何もない無為な日だったが、その無為・平凡無事の日が過ごせる有難さを身にしみて感じることができた。こんな最悪の状態を想定しないと平凡日常の有難さが分からないということは情けないが、底の浅い人間はこんなことでもないと本当はありがたい平凡な日々に不満や退屈を抱く困った存在だ。今後はもう少し精進して、こんなねらいとは関係なく交通ルールを守り、日常に感謝できる境地を目指したい。
 ☆この風景のような境地に至るには、まだまだ修行がいる。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
    2020年11月23日
    Dr.830 物忘れ功罪から(11月23日)
    2020年11月22日
    Dr.829 新たな発想(11月22日)
  • ページのトップへ戻る