ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.367 同じようにはならない(6月13日)

ひょうご冒険教育(HAP)の指導に嬉野台生涯教育センターに行き、この日は珍しく午前と午後が同じ学校の別のクラス(班)を担当し、センターの方からは同じ場所を割り当てていますから「どちらの班も同じように指導してください」と言われた。最初は全く同じ活動を別のグループでやったらどうなるのか興味があったので言われたとおりにやってみようかと思ったが、いざ午後の活動を始めてみると、①(同じ学校であっても)午前中のグループとはメンバーの個性や関係性が違う、②同じ活動場所でも午前と午後では気温・日陰のでき方・風の吹き方等自然環境が違う、③午前と午後では参加者もファシリテーターも元気さや気分が違う、④1日に同じことを2回やると指導している方が飽きる、⑤世の中同じように見えても全く同じことはない等、自然的・個人的・哲学的理由、特に飽き性のドクターの場合は④の理由が大きく関係して、午後のグループでは彼らの今の状況にあった指導者も楽しくできる活動に変更した。どちらのグループも終わった時に「楽しかった」「何でも諦めなければ出来るということが分かりました」みたいな感想を言ってくれたのでこの変更は正解だった(ドクターの場合、参加者が楽しかったかどうか、ついでに指導者も楽しんだかどうかがその日の指導の成否判断基準だ)。ともかく何事でも同じようにはならない、同じようにはできない、同じようにはしない方が良いことが学べたこの日のHAPだった。帰って、毎日やることがあって、時々は好きな冒険指導ができる「これって幸せやな」と言ったら、妻から「当たり前やろ、今頃気付いたん」と一刀両断された。
 ☆冒険指導で学び「同じようにはならない等」と充実感を得た後、きれいな花と帰り道の温泉、これで幸せでないと言ったら罰が当たる。感謝して自分のできることにベストを尽くします。たいしたことはできませんけど。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月27日
    Dr.834 世の中は狭い(11月27日)
    2020年11月26日
    Dr.833 レベルの低い感謝(11月26日)
    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
  • ページのトップへ戻る