ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.28 心の支え

ある神道の大会に参加した。祖母・母に連れられドクターも小さいころから近所の教会所にお参りしていた。働き出してからはほとんど参列できていないが、その教会所の所長様から頂いた「(あなたは)神に祝福されて大義を務める(役割です)」という言葉がずっと心の支えだった。いろんなことがあっても、「最終的には自分は神様に支えられているのだから何とかなる」という安心感があってお気楽に構えることができたし、実際何とかやってこられた。また生徒たちにいろんな機会に「お気楽にいきましょう」「人生何とかなります」「自分に与えられて役割を無理せず精一杯やればいいのです」等と発信してきたのも、根底にはこの教えがあったのかもしれない。ここで特定の宗教を勧める気持ちは毛頭ないが、神でも仏でも天でも良いが、何か人間を超えた存在を信じ、「生かされている」という気持ちをもつことは大事なことだと思う。何でも自分の力だけでやってきたと思うことは、上手く行けば傲慢につながり、上手く行かないときは自己否定につながる。それより自分の役割は精一杯はやるが、その役割もどの程度やれるかも自分を超えた大きな存在によって決められていると思って生きていると、毎日安心充実して生きられる。「何も心配することない」と思って暮らせることは実に素晴らしい。あなたもその道に入りませんか。特定の宗教を勧めるわけではありませんけど。

☆6代目、8代目の教祖様、地域の教会所の所長様ご一家と一緒に。来賓でもないのに何でドクターがこの記念撮影写真に入っているのかは謎だ。いや定めかも。

☆どの空の下、鳥のようにどこを飛ぶのか、タケノコや野の花のようにどこで咲くのかは定めによって任されている。私たちはただ安心して目の前の道を進めばよい。ちょっと宗教掛かってます?ドクター丹吉。

 

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
    2020年11月23日
    Dr.830 物忘れ功罪から(11月23日)
  • ページのトップへ戻る