ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.247 変わらない本質(1月13日)

先日の市内小学校教頭研修会で謝辞を言ってくれたのは、ドクターの高校時代の剣道部1年後輩の先生だった。その先生は「講師(一応ドクターのこと)が言われるように、人間万事「塞翁が馬」なので、出来事に一喜一憂せず自分がやる事になったことを精一杯やって行きたい」と語られた後、「講師は高校時代から今と変わらず頑張りすぎるなと言われていたので、私も無理に昇段試験を受けなかった」というような話をされた。「いやあ、そんなこと言いましたか。いくら何でも運動部やってて頑張らなくてよいはおかしいでしょう」と返したが、どうも自分では覚えていないがそんな昔から「がんばらなくて良い」と言っていたようだ。自分としては紆余曲折の人生経験を経てようやく今の境地「流れに従って生きる。無理をしないで(がんばらないで)、出来ることを出来る範囲でやりながら上機嫌で毎日を生きる」に達したと思っていたが、昔からあんまり無理しない派だったことが判明した。人の根っこ(本質)はあんまり変わらないということか。それなら自分の根っこを冷静に見つめ、それにこれまでの人生でつかんだ生き方のコツ(生きる知恵・人生のヒント)を味付けして、今の自分に一番ピッタリくる生き方を見つければ良い。

☆研修担当の教頭先生が研修会の様子を撮った写真を送ってくださった。一見しただけではこれが何の研修になるのかと思われるかもしれないが、みんなで楽しい時間を共有することの大切さについて改めて教えてもらった会だった。ドクターのいい加減な指示に気持ちよくお付き合いいただいた皆さんに敬意を表するとともに、各教頭先生の個性を活かされ、子ども達のために頑張らないで頑張られることをお願い申し上げます。

 

 

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月23日
    Dr.830 物忘れ功罪から(11月23日)
    2020年11月22日
    Dr.829 新たな発想(11月22日)
    2020年11月20日
    Dr.828 おちゃめな指導者(11月20日)
  • ページのトップへ戻る