ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.198 自分の力を超えて(11月19日)

嬉野台生涯教育センターで冒険教育体験講座を担当した。学生から教員、女性からおっさん、初心者から何度もHAPを指導しているおっさんまで、年齢から経験まで多様な11名が集まった。これだけ冒険教育の経験差があるグループを指導するのは結構難しい。通常のエレメント(冒険を体験できる用具)を普通に使ったのでは経験者には満足してもらえないのではないかと考え、あれやこれやといつもはあまり使わないようなアクティビィティ(活動)を考え、結局出たとこ勝負でやることにした。最初の初対面に近い人々の緊張を解くアイスブレークというのかウォームアップはドクターの得意とするところで、開始から1時間以内に全員が笑顔で仲良くなれる様はドクターマジックと言われる。しかしその後の展開は流れ任せと言うのか運任せというのも、ドクター適当ファシリテーションと言われ(今命名されました)いつものやり方で、そこが不完全なところでもあるけど自分としては好きなところだ。そもそも優秀なファシリテーター(指導者)の力で参加者が何かをつかむというのには違和感がある。あくまでファシリテーターはその場の促進者であり、活動やその場の空気が良くなり多くの学びや楽しさにあふれるかどうかは参加者による。ただドクターとしては参加者はともかく、自分は毎回この場を楽しむぞという気持ちでやっている。今回も参加者の個性や力とそのハーモニーに助けられ素晴らしい体験会となった。改めて参加者の皆さんや目に見えない流れに感謝したい。追加ですけど、篠山市長選挙と市名変更住民投票も市民の皆さんや目に見えない流れのお陰で決着を付けることができました。こちらにも感謝します。

☆多様な経験差のある参加者に普段あまりやらないフォーポインターやトラストフォール、巨人の縄梯子などのアクティビィティで初心者からベテランまで楽しんでもらおうとしたドクターの指導。何より普段あまりやらない活動は新鮮で本人自身が楽しみました。

 

 

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月20日
    Dr.777 レジリエンス(9月20日)
    2020年9月19日
    Dr.776 連休ですか(9月19日)
    2020年9月18日
    Dr.775 親ガチャ(9月18日)
  • ページのトップへ戻る