ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1842 時間があればいいか(1月18日)

 新聞や何かで面白そうだと思う本を、ネットで注文して配達してもらうという生活をやっている。買う本はタイトルや簡単な書評で決めるので、手に取ってみると期待外れと言うことも多い。

 たまに、本当に面白い、とても参考になるという本に出合うが、大方ははじめは面白いがだんだんつまらなくなる。

 今朝読んだ本は、まだごく初めの段階だが、なかなか興味深くもっとこの先を読みたいという気持ちがある。こういうことは時にあるが、平日は職場に行かなければならないので、その先はまた翌朝仕事に行くまでに時間があればと言うことになる。

 こんな時、「もう少し時間があれば(読みたいだけ読めるのに)」と思うが、これがいっぱい時間があったらあったで、それほど充実した時間が継続するわけではないということは、定年後の1~2年で経験済みだ。

 人にもよると思うが、ドクターの場合、たっぷり時間があって、いくらでもしたいことが出来る(読書も含めて)という状態は、そのことに飽きてしまって、逆に時間を持て余す。いくら本が面白いと言っても、一日中、あるいは数日間、読書を中心に過ごすというのは無理がある。

 読書でも何でも、時間が限られている中、空いた時間を見つけてそれをやるというのがいい。トレーニングでも、仕事が終わってからの小一時間でサッとやって、帰って一杯やって即寝というのが性に合って続けられていると思う。これが、一日中、何時間でもトレーニングと言われたら、多分続かないだろう。

 そんなこんなで、セカセカと時間に追われながら、やらなければならないことをやっていくというのが今の自分には合っているのかも。置かれた状況にあった生き方をこれからも探していきたい。

 ☆今朝の慌ただしい中、ちょこっと読んで今のところ面白い本。「不安にならない、なくすという目標は間違いです」このフレーズだけでも面白い。それなら、どうしたらいいのか。この先いい答えが見つかったらまた紹介します。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年6月20日
    Dr.1982 次の頑張り(6月20日)
    2024年6月19日
    Dr.1981 できることをやる(6月19日)
    2024年6月18日
    Dr.1980 どう考えるか(6月18日)
  • ページのトップへ戻る