ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1745 習慣は変えられる(10月5日)

 自分の考え方と言うのか思考の癖(傾向)はなかなか変えられない。前向き、打たれ強いなどのよい傾向なら変える必要はないが、マイナス思考や落ち込みやすいなどの消極的な癖がある人は、も少し生き易い方へ変えられるものなら変えた方が良い。

 とは言っても、長年続いている傾向はかえるのは容易ではない。そんな時、ドクターの学びでは、人の思考を変えるのは簡単ではないが不可能ではなく、それは習慣を変えることでできるというのがある。これも一理はあると思っているが、人の習慣を変えるは簡単ではないと思っていた。

 悪い習慣なら知らない間にでも直ぐに身につくが、良い習慣はそう簡単には見につかないというのが実感だった。ところが今回、習慣って良い方向に変えられる(可能性がある)という体験をした。

 それは、毎晩夕食時に一杯飲んで即寝するというドクター長年の悪習慣についてだ。休肝日を作った方が良いのも、食べてから寝るまでに時間を空けた方が良いのも知識としては知っているが、なかなか毎晩の飲酒はやめられなかったし、食べて飲んだら直ぐに寝てしまっていた。

 それが今回、外の会合で夕食の弁当をアルコール抜きで食べる機会があり、それからかえって1時間余してから、お酒を飲まずに寝るということがあった。体調不良でないのにお酒を抜いたのはかなり久しぶりだ。家へ帰ってから晩酌をすると思っていたら、それ以上に眠気が勝って、そのまま寝てしまった。

 毎日飲酒と即寝の悪習慣は変えられないと思っていたが、たまたまにしても、やればできるのだった。まだ一回限りのことなので、悪習を断ったとは言えないが、習慣は変えられる可能性があるということを実体験できた。考え方の癖も含めて他の悪習慣も変えられる可能性があり、習慣が変われば思考が変わる(かもしれない)。たった一事で途端に明るい希望を持つお気楽な性格は変えないようにしたい。

 ☆家の近くに秋の花がこんなに咲いてました。見逃してることって一杯ありますね。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年5月20日
    Dr.1953 ちょっと痩せました(5月20日)
    2024年5月19日
    Dr.1952 バタバタな日(5月19日)
    2024年5月18日
    Dr.1951 老化に抗う(あらがう)(5月18日)
  • ページのトップへ戻る