ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1424 隔世の感(11月5日)

 冒険教育を指導していた時に学生キャンプリーダーだった人が、先生になって今は管理職試験を受けているという。考えて見ればあれから20年以上たっているので不思議なこともないのだが、大学時代を知っている子が学校管理職になる。隔世の感がする。

 それだけ自分も齢を取ったということだ。身体の老化は感じても、精神的には全く変わらない感じで、あの頃とほとんど変わらない自分がいる。

 精神的進化(成熟)がないともいえるが、自分としては変わらない自分が大好き。自分のことが好きな自分は大事なことだと思う。ノー天気というのかお気楽ゆえに、そんな感じでいられると思うのだが、こんな状態でいられることに感謝しながら、自分が出来る精一杯の貢献はしていかなければならないと思う。

 ただ、自分では貢献のつもりでやっても、相手に迷惑がられることもある。貢献かどうかなんか考えないで楽しんでやったことが、喜んでもらえる時もある。結局思い通りにはならないので、あんまりあれこれ考えないで、出たとこ勝負、流れ任せでたんたんと生きて行く。

 あれつこんな境地を語るとは、あの頃の自分と隔世の感もするが、もしかしたらあの頃もこんなこと考えてたかもしれない。結局、考えたり流れに任せたりして生きて行くしかありませんね。

 ☆丹波篠山名物の朝霧。かすんだり晴れたり融通無碍。こんな感じで行きたいものです。このブログも最初に始めた校長ブログの頃と比べると隔世の感がするけど、中身はほとんど進化してないような気もします。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2022年12月7日
    Dr.1473 まるまかせ(12月7日)
    2022年12月6日
    Dr.1472 快楽と幸せ(12月6日)
    2022年12月5日
    Dr.1471 縁起の法則(12月5日)
  • ページのトップへ戻る