ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1363 夢がある人(8月31日)

 ある人から、将来こういう学校を創りたい、こういう子どもを育てたいという夢を聞いた。命を懸けて最後のご奉公をするみたいなことを言った人にも会った。夢がある人には元気がある。そもそも元気がないと夢など語れない。

 こういう人達から見ると、ドクターなどは特に夢がなく情けない感じはするが、お陰様で元気だ。夢にしても、それがある人は凄い、いいことだなとは思うが、無いならないなりにやっていけると、負け惜しみではなくそう思っている。

 夢がないと生きられないわけではない。夢がない人はダメな人間と言うことでもない。夢がある人は、そういう生き方が出来て良かったねという感じだ。夢がある人は、それを中心に人生や毎日の過ごし方を組み立てたらいいからそれはお任せするとして、問題は夢や目的のない人の生き方だ。

 夢が無くても毎日を機嫌よくいきたい。毎日ボーっとするのも何だと思うから、何かすることはあった方が良い。そのすることが仕事の場合もあれば、趣味や割り当てられた役割の場合もあるだろう。そこは、そこも、ドクターなどは「流れ」「ご縁」「大きな力」(サムシンググレイト)様に任せている。

 それらに導かれてここまで来たし、結構面白かった(今から思えばですけど。途中はそれなりにしんどいこともありました。今も気になることは幾つもあるが、それはそれとして(気にしたら無くなるのならそうしますが、そうもいかないから気がかりとしてあるわけだから)元気に陽気にお気楽に生きて行きたい。それなら、これまでお世話になって信頼できる、これからもお世話になりたい、頼りにしている、「流れ」様達にお任せして、自分のできることを自分らしく出来る範囲でボチボチやって行くしかないし、それで良いと思っています。

 ☆流れで記者発表にも出させて頂きました。結構面白い場がやってきます、有難いことです。夢のない皆様、ないならないなりに機嫌よく生きられる考え方を身に着けて行きましょう、ご一緒にいかがですか。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2022年10月3日
    Dr.1394 手を振る幸せ(10月3日)
    2022年10月2日
    Dr.1393 良い季節・恵まれた境遇(10月2日)
    2022年10月1日
    Dr.1392 忘却力 その3(10月1日)
  • ページのトップへ戻る