ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1355 めっちゃ嬉しい(8月23日)

 トレーニングに行くと、よく出会う教え子が「100㌔挙げれました」「めっちゃ嬉しい」と話しかけてきた。聞いてみると、ベンチプレスで100㎏の重さのバーベルが挙げられたということだ。長らく停滞して、何度も試みたけどあがらなかったのが今回あがったので、喜びがひとしおらしい。

 後から来た、もう一人の教え子にも喜びを伝えていた。彼が帰って行った後、後から来た教え子に「あいつはよっぽど嬉しかったんやな。ところでお前は何キロ上げるんや」と聞いたら、「僕は110㎏ほどですが、体重が違いますから。ちなみに先生が挙げているのは40㎏です」と言う。

 こちらは40㎏でもひーこら言っているし、負け惜しみでもなく記録が狙いたい訳ではない。トレーニングの目的の第一は、汗をかいて美味しく晩酌を頂くためと言う邪道なトレーニング動機でやっている身としては、何キログラムをあげたということよりも、彼が余程嬉しかったこと、その喜びをいろんな人に伝えていたのが嬉しい。

 人から見たら大したことなくても、本人にとってはこの上なく嬉しいということがある。その嬉しいが生きる原動力なる。嬉しいの中身はみんな違っていいし、その中身に甲乙の差はない。生きていて、時に嬉しいことに出会う、そしてその喜びを伝える人がいるって最高じゃないですか。

 今回の彼のような嬉しさに出会えたらそれは素晴らしいことだが、この頃思うのは、嬉しさに出会えなかったとしてもそれでいい。しょげてはいけない。しょげるのも仕方ないけど、生きるのを止めてはいけないということ。

 生きるのはなかなか大変、思い通りには行かないのが普通。そんな人生を生かされている間、たんたんと生きるのだが、そんな中で時折今回の彼のように嬉しいことが訪れる。これを何回も期待して生きるのではないが、生きてると、大変を覚悟して生きてると、時にはこんなこともあるということ。良い例を見せてもらった。

 ドクターも期待せず、たんたんと、思い通りにならない人生を、出来れば機嫌よく生きて行きます。安易な期待をやめたとき、嬉しいことが訪れるかもしれないけど、それを期待して生きるのはちょっと違う。あくまでも、たんたんと、ぼつぼつ生きましょう。そのうち、あるかもしれません。いえいえ期待はしてはいけませんよ。何回も同じこと言うなってか。

 ☆この週末の映画鑑賞。いろんな人生を見せてもらいました。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2022年10月3日
    Dr.1394 手を振る幸せ(10月3日)
    2022年10月2日
    Dr.1393 良い季節・恵まれた境遇(10月2日)
    2022年10月1日
    Dr.1392 忘却力 その3(10月1日)
  • ページのトップへ戻る