ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1353 気の合う人(8月21日)

 気の合う人達とお酒を頂いた。かつて同じところ(3人一緒ではないが)で勤めた人たちだ。美味しい料理を頂きながら、昔話に花が咲いた。

 昔話を何回しても生産性はないように思うが、実に楽しい時間だった。同じ話を何度言ったかも分からない。今度はもう一人加えて、また年末にやろうということになった。

 私達は生産性のためだけに生きているのではない。というより、何か目的があって生きているのでもない、というのがこの頃のドクターの学びだ。ただ生まれて、一定の期間生きて、また去っていく。このことに何か特別な意味があるわけではない。

 特別な意味を意味付けした方が充実した生き方が出来る人はそうされたらいいが、そんな意味に縛られない方が楽な人は、意味なしで、たんたんと生きればいい。

 ドクター的には後者だが、あんまり何もなさ過ぎても充実感や幸福感が得にくいかもしれない。そこで考えられるのが「人のため」だが、これももう少し踏み込むと、自己満足につながる利己的な理由になるのかもしれない。

 まあともかく、利他であろうと利己であろうと、毎日が元気でちょっとばかりの幸福感を持って生きられるのが良い。そうなるためには、昔話も「ひとのため」意識も何でもありなのではないでしょうか。まあみなさん、やって良かったことをやって行きましょう。

 ☆昨日は特に写真撮らなかったので、前のやつです。こんないい加減な感じでいいんでしょうか。こんなんもありじゃないですか。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2022年10月3日
    Dr.1394 手を振る幸せ(10月3日)
    2022年10月2日
    Dr.1393 良い季節・恵まれた境遇(10月2日)
    2022年10月1日
    Dr.1392 忘却力 その3(10月1日)
  • ページのトップへ戻る