ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1337 自分を離れる(8月4日)

 いろんな場所で自分の生き方について参考になる言葉に出会う。読んでピンときたことは自分のものにして生き易さにつなげたい。

 「置かれた場所で咲きなさい」もドクターがよく紹介する言葉で、自分の意思を離れて、いろんなご縁で置かれた場所で活躍しようということで、どこに置かれるかは時の運、ご縁、神の意志、流れを信頼して任そうということに力点を置いて使っていたが、後半の「咲きなさい」も、敢えて「咲かなくても良い」という言葉も目にした。

 無理して咲かなくても、咲くか咲かないかも、時の運、流れ、人知を超えた力も働くのだから、咲くか咲かないかばかりに焦点を合わすのではなく、咲くときには咲くし、大して咲かない時には咲かない、それでいい。ってことだ。咲いたからと言って自慢し有頂天になる、咲かないからと言って悲観ししょげる、どちらも違うだろうと思う。

 「我を離れる」と言う言葉も、上手く行っても行かなくても、自分が自分がという気持ちを離れる。どこで生きるかどんな生き方をするかも含めて、授かった命、与えられた使命、それをたんたん丹後とやっていくだけ。自分の精でも、自分の手柄でもない、自分を離れて、自分が良いと思うことを(それが結果的に誰かに不快を与えることもあるかもしれないが)やっていくだけ、でもこの言葉はさらに「良い悪い」も離れるのかもしれない。深い。

 ただ、深いのが上等で、浅いのがだめというのも違うようにも思う。要は自分が機嫌よく生かされた命を生ある限り生きて行く、それしかないし、それで十分。こんな感じです、今日のところは。

 ☆久しぶりに訪れた校長出発点の学校。いい子どもが育っています。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2022年8月11日
    Dr.1344 あの頃が良かった(8月11日)
    2022年8月10日
    Dr.1343 食べて飲み働く(8月10日)
    2022年8月9日
    Dr.1342 できる時にしとく(8月9日)
  • ページのトップへ戻る