ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.13 フルバリュー

前回「あまり熱くなりすぎてお気楽な毎日の趣旨に反するなあ」と言っておきながら、舌の根も乾かぬうちに今回もまた冒険教育のエッセンスの一つ「フルバリュー」について語ることになったのは、最近、市教委や教育事務所に営業(冒険教育を研修に使ってくださいという売り込み)に回っているが、その時に「ささやま冒険教育」のHPを見てくださいと吹聴するため、担当者の方が何かの間違いで万が一にでもSAPのホームページを見られた時に、「宴会続きでええんかい」のようなお気楽な回のものなら、「なんじゃこれが冒険教育か」ということになって、講師依頼をしてくれないのではないかということを心配したという大人の事情によるのである。それはともかく「フルバリュー」は冒険教育の柱と言っても良い大切な考え方だ。英語で言えば”Full Value Contract”で十分に(お互いの)価値を(尊重するという)約束のことだということがわかりやすいかどうかはわからないが多分分かりやすい。グループでワイワイガヤガヤと冒険活動をして仲間づくりをしようというのが冒険教育だが、せっかく仲良くなるために活動しても、距離が近づく活動でかえって相手を傷つけてしまい、こんなことなら集団での活動をしなければよかったということにでもなれば何をしてるのかわからない。それを防ぐために参加者は自分の持てる最大の配慮で互いの価値(存在)を大切に扱うということを約束して始めるということだ。冒険教育発祥の地アメリカでは、これを実際に契約書に書いてから始めるという話を聞いたような気がする(適当ですけど)。ドクターが指導する場合には、この趣旨を説明して、このことに賛成の人は左手のがってんボタンを右手で押してくれと言って始める(最後の写真参照)、これは本当です。

☆お互いの信頼(フルバリュー)がないとこのようなことはできない。

☆お互いの信頼(フルバリュー)がないとこのような高い所の活動はできない。

☆お互いの信頼がないとこのようなお気楽なポーズはできない。お互いの信頼(ドクターと皆さん)がないとこのような乱雑な部屋の写真をお見せできない。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月20日
    Dr.777 レジリエンス(9月20日)
    2020年9月19日
    Dr.776 連休ですか(9月19日)
    2020年9月18日
    Dr.775 親ガチャ(9月18日)
  • ページのトップへ戻る