ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1244 先の見通しないけど(4月15日)

 今週も何とか週末までたどりついたって感じだ。毎日を機嫌よく、自分も周りの人も気分よく過ごせるのを心掛けて、一日の終わりにチョコっとトレーニングして一杯飲む。幸い一杯飲んだらすぐに寝付けるのでそれで一日は終わる。その繰り返しで1週間が過ぎ。気が付いたら1月が過ぎようとしている。

 そんなその日暮らしで、先の見通しがないのは良くないように思うが、毎日を健康で機嫌よく過ごせているのは有難い、感謝すべきこと。いっぱい幸運(良い流れ)が積み重なってそういう日々を送らせて頂いているのだから、それ以上何を求めようというのかという思いも一方ではある。

 小さい頃から計画的に生きよ、将来の計画を持つのが良いことと言われ続けられてきたので、先の見通しなくただその日その日を送るのは良くないことのように思うのだろうが、この頃のドクター流れ人生論では、人生(自分のも他の人のも含めてみんな)は自分の意思だけではなく(意志と思っているのも実は流れ)ご縁と流れで決まって行くので、いつまで元気で(身体が動いて)生きられるかも流れ次第。

 一日や2・3日ぐらい先の見通しは何とか持てるので、見通しはそれぐらいにして、後はどうなるかは分からないのだから、先ずはその日一日を機嫌よく過ごす、そして一日が終われば一杯飲んで寝る。そんな感じで生きてます。

 人に勧められるような生き方ではないが、65歳が近い今、何人かの友人がこの世を去った今、80歳90歳で元気な人がいるのも知ってはいるけど、こんな生き方をしています。何か不安もあるけど、こんな生き方でも元気でいられることに感謝してます。その分、ない自分の出来ることを周囲に恩返ししながら行けるところまで行こうって感じです。何だか取り留めない話しですみません。まだまだ生き方摸索中(成長途上ってか)のドクターです。

 ☆この前、娘の大学近くにある竜安寺の「我只足るを知るのみ」の水受け。参考になります。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2022年5月17日
    Dr.1267 背中を押す(5月17日)
    2022年5月16日
    Dr.1266 いつ終わるか分からない人生(5月16日)
    2022年5月15日
    Dr.1265 熱い弔意(5月15日)
  • ページのトップへ戻る