ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.115 何歳までいけますか(8月20日)

娘の中学校PTA草刈りに参加した。大勢のお父さんお母さん方と一緒に校庭の草刈りや植木の剪定作業を行った。休憩時間に顔見知りの陶芸家と初対面の農業者と一緒に話をしていると、共に40代半ばという彼らだが体力的にきつい作業が多く、仕事は55歳くらいまでしか続けられないのではないかと思っているという。そして55歳などとっくの昔に経験した人生の先輩であるドクターに、「自分たちはこれからの体力の落ち方が経験がないので分からないんですけど、何歳ぐらいから体力って落ちるんですか」と聞いてきた。自分たち同士でしゃべってる時とは違う、年長者に対する尊敬の念が感じられる丁寧な言葉遣いに気を良くしたドクターは「それは人によるな」と余裕ぶった態度で、内容の無い返事をした。そして続けて「私は60やけど(ホントは61だが、若い彼らと張り合うために1歳サバを読んだ)、村では若者やで」と、40代で引退を考えるなどまだまだ早いということを暗に言おうとした。「昔の人ってホントに元気ですよね。自分達とは人種が違うような気がします」と、自分たちはか弱い人種だと言わんばかりだ。か弱い人種の後輩と、鍛えた人種の先輩の間に位置する、ドクター世代(昭和30年代世代)は何人種だろう。何人種かは分からないが幸せな世代であることは確かだ。親世代のような戦争も知らないし、財政危機や地球温暖化をはじめ課題山積のこれからの世代でもない。高度経済成長で築いた親の財産のおかげでお気楽に成年時代を過ごさせてもらった(自分だけかもしれませんけど)。年金や医療費の心配はあるけど、まあ何とかなるだろう。苦しんでいる人や世代もある中、こんなお気楽で申し訳ないという気持ちはもちろんある。せめてすべての人・世代の幸せを願うことは一生懸命やろう。願うだけかい、だからお気楽人やねんと言われそうだが。

☆草刈り日和の中、作業をするS中学校のいろんな世代。黄色長靴のおじさんはお気楽世代であることは間違いない。作業中になんで写真撮ってますねん。

 

☆作業後に行われた3年生親子活動。はじめはワーワー張り切って参加したが、最後の方は応援しながら居眠り。これもお気楽世代の特徴だ。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月29日
    Dr.836 すごい人も(11月29日)
    2020年11月28日
    Dr.835 一度に一つだけ(11月28日)
    2020年11月27日
    Dr.834 世の中は狭い(11月27日)
  • ページのトップへ戻る