ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1065 誰にも合わない(9月24日)

昨日の休日は終日農作業をした。籾摺りや機械の掃除や黒豆畑の草刈りなどだ。

 田んぼに出ている近所の人も見かけるが、みんな一人や家族で作業をしておられ、夫々に忙しそうで声をかけることはなかった。

 それなりに作業は進み、そこそこの達成感や時折聞こえる鳥やセミの声、吹く風や揺らぐ木々などに自然との触れ合いは感じるが、家族以外誰とも話をしない1日は寂しくもある。

 毎日が百姓なら、基本的にはこの誰とも話をしない日がずっと続くことになり、ドクターには少々キツイ。

 そんなに多くの人と話をしたい方でもないが、そこそこの人との触れ合いや会話は欲しいかな。

 農業でも人と話す機会はあるし、自分のペースで自然相手にする農作業に適した人もいる。

 ドクターの場合は農作業で汗を流して、後の一杯を楽しみにする「健康農業」で農業的には邪道だとは思うが、夫々の生き方があって良い。

 夫々の人が夫々のやり方で生きるのが認められる、多様性のある社会を目指したい。

 ☆汗かきながら、「健康農業」をする休日のドクター。夫々の生き方を尊重したい。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2021年10月28日
    Dr.1095 温かい心(10月28日)
    2021年10月27日
    Dr.1094 いい感じの瞬間(10月27日)
    2021年10月26日
    Dr.1093 進退(10月26日)
  • ページのトップへ戻る