ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.307 年度は変わったけれど(4月1日)

4月1日になって新年度が始まった。年度は変わったけれど定年退職者ドクターの生活はそう変わらない。昨年度1年間初めての定年後生活を送ってみて、定年後生活の課題は私の場合は「退屈」と「生きがい」かなということが分かった。どちらも現役時代は悩むことのないものだ。現役が退屈であろうはずはないし、教職と言う仕事はお陰様で人の成長を支援しておまけに自分も成長でき、さらにおまけに子どもたちや親御さんらから感謝されるという「生きがい・やりがい」に満ちたものだ。定年後は時間がいっぱいあって退屈に悩むときと、それなりにやることが重なってバタバタ忙しい時(大体やることは重なってやってくるということが経験上分かる)がやってきて、言わば『バタヒマ』な感じだ。「生きがい」については自分で見つけるものではなく、生きてると向こうから「やってくるもの」で、やってきた頼まれごとを精一杯やっているうちに、それが生きがいになる場合もあるしならない場合もあるけど、ならないからといって大騒ぎするすることもない。要は「退屈」も「生きがい(有るか無いか分からない状態)」もどちらも慣れの問題だと思うようになってきた。定年後バタヒマ生活、慣れるにはもう少し時間が掛りそうだ。新年度もこれを追求したい。
 ☆旧年度に溜まったものを剪定枝と一緒に燃やし身ぎれいにして新年度に備える。このブログも新年度用に写真と文章を変えたいと思いながら、定年後バタヒマ生活で4月1日に間に合わず。でも間に合わないからと言って「まあいいか」「しゃあないわ」と思う。まあこんな感じで新年度も時を紡いで行きますので、お付き合い願えればありがたく存じます。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
    2020年11月23日
    Dr.830 物忘れ功罪から(11月23日)
  • ページのトップへ戻る