ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1858 何もない時(2月3日)

 今日の午前は久しぶりに何も予定がない。午前中の数時間ぐらい、遅く起きて、普段読めない本でも読んでたら直ぐ過ぎるだろうと思っていたら、これがなかなか時間がすぎない。本を小一時間読んだけど、まだ9時前だ。

 今は田んぼ仕事もなく、外は曇っていて寒いので散歩もする気が起きない。トレーニングや近くの温泉も夕飯前にとっておかなければならない。今日は午後に数時間予定があるが、これもなかったら1日の時間を完全に持て余すだろう。

 このような空いた時間、何もない時をどう過ごすのかが定年後の大きなテーマだ。ここんとこは平日、休日ともに行事が一杯で、「何もない空いた時間をどう過ごす」のかという大きなテーマから目をそらしていた。今日は久しぶりに、宿題に直面した感じだ。

 やることいっぱいというのもしんどいことはしんどいが、何もない時間をどうするかと比べると、まだ対処しやすいのではないかと考えてしまうほど、空いた時間を持て余さないで楽しく過ごすというのは大きな課題だ。

 定年後の充実した過ごし方については、本も出ているが、概ね著者は本の執筆も含めて、趣味などやること、好きなことを持たれてる方が多い。特に大きなやりたいことも持たない者が、どう充実した時間を過ごすか、これは結構難しい問題。生活のために働かなければならない人ややらなければならない課題(家の片付けなど)がある人から見ると、何を贅沢な話をといわれるかもしれないが、その批判は受け止めたとしても、特にいますぐやらなければならないことがない人にとっては大きなテーマであることは変わらない。

 そんなことぐちぐち言うてる暇あったら、何かすればいい、給料安くても(ボランティアでも)何か仕事や役割見つけたらいいと言われるかもしれないが、それはそれとして分かりますけど、まだそのふんぎりがつかない身には、やっぱり大きなテーマ。

 何やかやで時間は過ぎていくかもしれないけど、このテーマに上手く対応していかないと、心を病むかもしれない。ということで、ドクター気合を入れて、このテーマ「特に何もすることが無い時間をどう面白く過ごすか」に取り組みたいと思います。

 でも、今日の午後からまたしばらくは、いっぱい予定入っていて、このテーマへの取り組み、後回しになるかも。幸せなような、いい加減なような。「まあ仕方ないか」「まあいいか」がまた出て来ました。

 ☆いろんなところであいさつ。こっちの方がいいのでしょうか。一人で「オー」やってても時間は過ぎないし。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年3月2日
    Dr.1882 いろんな人に出会う(3月2日)
    2024年2月29日
    Dr.1881 日常のインパクト(2月29日)
    2024年2月28日
    Dr.1880 若者の意欲(2月28日)
  • ページのトップへ戻る