ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

ドクターのお気楽な毎日ブログ

Dr.96 自然の偉大さ(7月28日)

篠山市では昨日シャワーのような短時間の雨が降った。久しぶりの雨だ。畑の作物特に黒豆には恵みの雨だ。それにしても自然は偉大だ。それまでは容器で水を運んだり、水戦争をかいくぐって田んぼに水を入れたり、畑に水をやったりしていたのだが、自然の一振り(正確には一降り)でとてつもなく多くの田や畑にあっという間(1時間ほど)に水をまいてしまった。この前ラジコンヘリコプターによる農薬散布を見たが、2mほどのラジコンヘリで申し込みのあった田(標識が立ててある)に防除剤を撒いていくのだが、人が背負い散布機でやるよりずっと早いが、それでも一つの田に数分はかかり、地域の申し込み田すべてを回るのは半日から数日かかる感じだ。さらに自然の偉大な所は、だれの田畑も分け隔てなく恵みをもたらすところだ。ヘリコプター散布のように標識がたててあるところだけ回るようなせこいことはしない。予算をケチったのと申し込みの手続きの邪魔くささでヘリコプター散布をしてもらえなかったドクターは、隣の田んぼまできたヘリコプターが勢いでちょっとだけでも自分の田にも薬剤を撒いてくれないかと期待していたが無理だった。今回の自然の雨はこの時の無念さを晴らしてくれるような、分け隔ての無い降り方だった。やはり自然に学ぶことは多い。ドクターには金と労力を惜しまず適切な時期に適切な作業(農薬散布を含む)をしてきちんと作物を育てる正しい百姓の仕方も学んでほしい。

☆短時間集中降雨で水不足が解消したドクター田と水を喜ぶ黒豆。自然の偉大さに感謝したい。

 

☆巣立った後も時折帰ってくるドクター家の巣で育ったツバメ。我が家の子どもたちにも見習ってもらいたい。

Dr.95 においプンプン(7月27日)

台所に入ると妻が鼻をつまみながら「におい(教師臭らしい)プンプン」と言いがかってきた。配られたばかりの娘の中学校のPTAだよりを見たらしい。表紙の校長あいさつの下に載っているPTA会長(一応ドクターです)あいさつが、「いかにも自分は元教師で、教育のことはよく知ってます」みたいな臭いがプンプンするらしい。いわゆるPTA会長あいさつらしくなく、「これじゃ校長先生がやりにくいでしょう。かわいそう」ということらしい。妻に言いがかられるのはいつものことなのでいいとしても、一般の保護者の方にもそう思われたのでは本意ではない。ドクターが書いたのは「未来を拓(ひら)く力を~Open your future~」(妻に言わせるとタイトルに副題があるのもPTA会長らしくないらしい)と題して、子ども達(ここでは中学生)がこれからの変化の激しい社会で自分の人生を幸せに歩んで行くために必要な力を列挙して、このような力を中学校時代に友達や先生たちとの泣き笑いの中からつかんでほしい。そのためにPTAは協力を惜しみません、みたいな日ごろから思っていることを書いただけだ。もちろんその未来を拓く力の中には、自分の気持ちをコントロールして日々を機嫌よく生きる「上機嫌力」を挙げ、これがあると自分も周囲の人も幸せに生きられるみたいなことは、当然述べている。あっれ、これでは自分が校長だった時に生徒達やPTAの方に言っていたことと同じか。道理で妻が鼻をつまむはずだ。これからは、現役中学校校長先生がやりにくくならないように、気を付けたい。

☆今ドクターがやるべき主な仕事は冒険教育と百姓だ。冒険仕事はあまりないので、百姓頑張ります。顔の覆いは虫よけです。

 

☆娘のPTAだよりでの、生徒や保護者への呼びかけを入れた「会長あいさつ」。自分から載せてくださいと頼んだわけではないが、やはり大勢の方に自分の意見を語り掛けるのは楽しい。性に合ってるのかな。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2018年12月13日
    Dr.219 滅多にない経験(12月13日)
    2018年12月12日
    Dr.218 「きょうよう」「きょういく」(12月12日)
    2018年12月11日
    Dr.217 お風呂1時間(12月11日)
  • ページのトップへ戻る