ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1389 することがあること(9月28日)

 久しぶりに昔の狂言仲間(年齢は向こうが先輩)に出会った。元教員のその方は、今も二つの高校で社会科を教えているという。他にも週4日別の勤務をされている。ということは、ほとんど毎日やらなければならないことがあるということだ。

 ちょっと忙しいけど、定年後は何かすることがあるというのがいいと言っていた。特に若い人(高校生)と触れ合うのがいいとも言っていた。お互いに、暇すぎるのは困るけど、忙しすぎるのもきつい。丁度良いが良いけど、それがなかなかないということで一致した。

 丁度良いがないとしたら、どちらが良いと言えば、やる事がある方が良いということでも意見が一致した。後はそのやることをどう見つけるかだが、ここについての意見交換はしていないが、ドクター的には自分でも探そうという努力はするが、最終的には流れでやってくるものをやらせていただくという感じだ。

 流れを待っていて大丈夫かと言う不安はあるが、そこはこれまでお世話になった流れを信頼していくのがいい。何せこの世に生まれて来たのも、これまで生かされているのも、みんな大きな流れのお世話になっていると思っている。

 流れに任せて自分は何もしないかと言うとそれはそうではない。自分がやる流れになったことを、それが忙しすぎても多少閑でも、その時にしか味わえない妙味を味わいながら、自分らしく笑顔で周りの人のことも考えながらやっていく、それしかないし、それで十分ではないでしょうか。

 こんな感じのことは何度も言ってるし書いてるし思ってるけど、やっぱりここでも又押さえておいて歩んで行きましょう。今日もいいことありますよう。そんなにごっつい期待せん方が丁度良いけど。

 ☆こんな感じのところで、元狂言仲間に出会いました。今日も良い出会いがありますように。あんまり期待し過ぎませんけど。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2024年5月19日
    Dr.1952 バタバタな日(5月19日)
    2024年5月18日
    Dr.1951 老化に抗う(あらがう)(5月18日)
    2024年5月17日
    Dr.1950 テンション上がる冒険現場(5月17日)
  • ページのトップへ戻る