ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1338 ホッとしたのもつかの間(8月5日)

 今朝は半日ほどの人間ドックに行くので休みを取っている。昨夜帰る時に明日の午前は勤務がないと思うと、久しぶりに気張らなくても良いホッとした時間が訪れた。

 定年でフルタイム勤務を終えた時のような感じかなと思い出した。何が起きるか分からない勤務に、大勢のいろんなタイプの人との人間関係、やはり気を使う。

 いろいろストレスに負けない生き方、考え方を試してみては、自他に発信しているが、それでもなかなか決め手はないし、これで悟りきったというゴールもない。

 昨日などは校長会で、「ネガティブ・ケイパビリティ」(答えの出ない事態に耐える力)なる言葉と考え方を紹介して、直ぐに解決しない問題も多いと思いますけど、そういう宙ぶらりんの状態にも耐えて行きましょう、それは大事な能力です、等と聞きかじった言葉を紹介して一番自分に言い聞かせた。

 ホッとしたのが束の間だからと言って、いつもホッとしていると、ホッとした事態が常態となって、それではホット緊張が解けた解放感は味わえない。だからと言って365日何年も緊張のしっぱなしと言うのも辛いことだ。

 ここは、流れとご縁でやらせてもらうことに携わりながら(緊張をしながら)、時々ホッとした瞬間の嬉しさを体験する、こんな感じもいいのかも。

 「生きる目的が必要」なのではなく、「生きることが目的」という言葉も知った。自分が生き易く、心が楽になる生き方、考え方を見つけて、生かされている間を快調に生きましょう。

 ☆最近のいい写真ないので、昔の笑顔写真です。どんな時でも楽しくやってたみたいですね、この人は。こういう写真撮る時だけかもしれませんけど。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2022年8月11日
    Dr.1344 あの頃が良かった(8月11日)
    2022年8月10日
    Dr.1343 食べて飲み働く(8月10日)
    2022年8月9日
    Dr.1342 できる時にしとく(8月9日)
  • ページのトップへ戻る