ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.1062 柄にもなく(9月21日)

昨晩は柄にもなく満月を見た。夜のはじめと2時頃と4時頃だ。何れも少しの時間だが、月を見ようという気になったのが不思議だ。

 毎日生活に追われて、平日は帰ってきて一杯飲んでバタンキュー。休日は何もなければ遅れ気味の農作業を一日中やって、夕方一杯やってバタンキューというのがいつもの生活だ。

 もう少し余裕のある生活が良いとは思うが、余裕があり過ぎると退屈してしまう悪弊がある。余裕を楽しめないところが貧乏性だ。

 そんなドクターが昨夜はどうしたことか月を見てみようという気になった。人生の終わりの予感かと心配にもなるが、まあともかく月をさっと見てまた直ぐ寝てしまった。バタバタした月(ちらっと)見が自分らしい。

 何をしてもどこまでいっても人間の本性は変わらないらしい。好きでも嫌でもこれで行くしかない。できればこの本性(柄)を活かせるようなことがしたいが。

 ☆今回の写真は柄にもなく秋のススキ。もっと野原奥の情緒あるとこのススキが良いとは思うが、路傍のススキで失礼します。この辺の慌ただしさが自分らしいともいえますが。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2021年10月28日
    Dr.1095 温かい心(10月28日)
    2021年10月27日
    Dr.1094 いい感じの瞬間(10月27日)
    2021年10月26日
    Dr.1093 進退(10月26日)
  • ページのトップへ戻る