ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.664 力のでる言葉でない言葉(5月10日)

議員活動や合間を縫っての田植え準備でバタバタしている早朝(7時頃)、道路横の田んぼで畔着け作業をしていたドクター丹後に、散歩で通りかかった同級生が「(議員当選)おめでとう、顔が活き活きしてるわ」と声をかけてくれた。こちらは早朝からの水当てや農作業でヘロヘロだったので「もうバタバタで倒れそうやわ」と答えたものの、「人からは元気そうな顔に見えるのか、自分では慣れない議会と時間が限られている中での急農作業で疲れたように思ってたが、ひょっとしたらまだまだ元気なのかもしれない」と元気が出て来た。他にもドクターの現役校長時代の言葉に感動したという人の声や道端で出会う子どもたちや地域の方の明るい挨拶や励ましの言葉は元気が出る。半面、最近のコロナ禍で不安から中傷や心無い行為が増えているという。当人に悪気はないとしても、言われた人は元気を無くす。ドクター人生訓では、「幸せは人に与えることから始まる」というのがある。まずは自分の発するその言葉で、言われた人が元気が出るのか出ないのか、それを考えるようにしたい。人に元気を与える言葉を心掛けていると、やがては無意識にできるようになり、そういう人には仲間や幸せが集まってくる。「与えたものが返ってくる」というのも教訓好きのドクターは教訓にしています。

 ☆議会出席時には軽トラに百姓衣装を積んでお城近くの駐車場にとめて柔軟な対応ができるようにしています。「備えあればう患いなし」これはありふれた教訓ですけど。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月19日
    Dr.776 連休ですか(9月19日)
    2020年9月18日
    Dr.775 親ガチャ(9月18日)
    2020年9月17日
    Dr.774 初体験(9月17日)
  • ページのトップへ戻る