ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.64 地域の未来は明るい(6月19日)

篠山市小学校教育研究会の生活・総合的な学習研究部会の研修会を担当した。皆さん意欲的で若手も多く、こんな先生方に育てられる子どもたちの未来は明るいという気持ちを強くした。郷土に元気な人材が育てば地域の未来も明るい。篠山市もご多分に漏れず少子化や高齢化が進み、人口も小中学生の数も減っている。人が少なくなることの悩みや問題点は多いが、考えてみれば、人口急増期にも校舎や教室の不足などやはり課題や問題点はあった。ここはいつものドクター流で、どうしようもないことは受け入れ、その事態(環境)の中でできることを精一杯やるしかないと思い至った。もちろん精一杯と言っても眉間にしわ寄せ苦しい顔でがんばるというのはではない。やる流れ(羽目)になったことを、その中に楽しみを見つけながら、上機嫌でやるのだ。上機嫌は自分も周りも元気にし、良いアイディアや良い流れも呼び込んでくれる。というわけで、地域の小学校の先生方の研修を頼まれ、自分も楽しみながら、これまでの経験から教育(人の成長を支援すること)にとって大切だと思うことを伝えさせてもらった(精一杯といっても無理しない範囲ですけど)。その結果、自分も楽しかったし、参加された先生方も楽しかったといって帰られた、その上地域の未来は明るいという思いも持つことができた。これ以上の幸せはない。

☆篠山市小学校の先生方と接して、この先生方なら地域の未来は明るいと思わされた研修会。若い先生方の中に同級生(同時期同地区の校長仲間)の娘さんもいて、さらに明るさは増した。

 

☆写真にするとドクターの冒険ネタ(活動)はいつも同じように思われるかもしれないが(今回も鉄板ネタのStand up)、他にもやった新規ネタでは自分もいっぱいいっぱいで写真を撮ってる余裕がないだけです。本当にネタが多い指導者ならこんな言い訳はしないかもしれませんが。

 

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月26日
    Dr.782 満足感と感謝(9月26日)
    2020年9月25日
    Dr.781 勝手な時分(9月25日)
    2020年9月24日
    Dr.780 もう一つの人生(9月24日)
  • ページのトップへ戻る