ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.589 人口流出を打破(2月19日)

市の絶こうちょう化には人口流出の流れを変えることが大切だ。人口減少は日本全体に共通する課題なのでそう簡単には解決できないが、市への転入人口よりも転出人口が多い状態である人口流出の流れは何としても止めたい。転入を増やす策については成功例も参考にいろいろ考えているが、今回は人口減が続くとどんな問題が起きるかを考えたい。まずは市に入ってくる所得税や事業税などの税収が減るので公共事業や公共サービスの充実のために市が使えるお金が減って市民の生活に支障が出て、そんな市には住みたくないということで余計に人口が減る。他にも市で営業する企業やお店が従業員が確保できないことやや商品が売れないということで閉鎖か市外へ移転する。するとそんな働き口もなくお店も少ない市に住みたくないということでまた人が減る。その他にも学校が統合されたり列車の便数が減ったりもする。するとまたまたこんな子育てにも通勤にも不便なところには住んでいられないということで人が出ていく。そんなこんなで市内に空き家や無住地帯が増え、防犯上の問題や地域コミュニティの運営上の問題が出てきて困ったことになる。他にもいくつも考えられるが要するに人が減ると市が立ち行かなくなり、それが悪循環を起こすということが分かる。だから何としても人口減、特に人口流出には手を打たないといけない。

 ☆降り積もった雪を人口流出問題と例えると、そこに解決の光(太陽光線)を当てればたちまち溶かすことが出来る。ドクター写真の目をつむってるのが気になるが、人口流出問題に目をつむるという意味ではなく、単にシャターチャンスを間違えただけです。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
    2020年11月23日
    Dr.830 物忘れ功罪から(11月23日)
  • ページのトップへ戻る