ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.452 季節を感じる(9月17日)

普段は定年後充実生活のセオリー通り「きょういく」で、今日行くところを作るために今日の用事を埋め込み今日が何月なのか何曜日なのかもあまり意識することなくバタバタ過ごしているので、季節や時間の経過を感じることはないが、時折何かの折に季節や時間の経過を感じることがある。最近では、中秋の名月や秋の運動会、村総代10年間ご苦労様会などだ。中秋の名月の翌日の満月を見てもう秋なのかと感じ、中学校の運動会に来賓参加してやはり熱いけど秋だよなと感じた。5期10年間村の総代を勤められたTさんのご苦労様会に参加し、Tさんにはいろいろお世話になった、自分も村や地域の役に関わって10年にはなるのか等と時間の経過に思いを馳せた。村の人はみんな顔見知りで相対的な年齢差やそこから来る序列は変わらないので時間が止まったようだが、かつてはその場にいたあの人・この人がいなくなられているのに絶対的な時間の経過を感じる。代々受け継がれてきた村の役を自分達も担わなければならないとは感じるが、それぞれ担う役が違う。お調子お気楽者のドクターにはどういう役が回ってくるのかは分からないが、季節の移り変わりのように自分の季節には自分の役を無理ない範囲で演じよう。
 ☆生徒数は減ったが、昔と変わらぬ中学生の元気な姿をテントの中から眺めながら、季節と自分が過ごしてきた年月を感じた束の間だった。その後はまたバタバタ季節感曜日感なし日常が続いている。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2019年10月15日
    Dr.477 老人力(10月15日)
    2019年10月14日
    Dr.476 毎日がイベント(10月14日)
    2019年10月13日
    Dr.475 内容はどうなん(10月13日)
  • ページのトップへ戻る