ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.432 第2の人生の仕事(8月27日)

50歳からか60歳からか65歳からかはともかく、第2の人生をほとんどの人が経験する時代となった。第2の人生は、主に結婚・子育て・主生産を目的とする第1の人生とは違う心持が要る。第2の人生を第1の人生と同じようにやろうとすると無理があるし、それでは折角の第2の人生の意味がない。第1の人生では社会の主構成員としてバリバリ働き、時に休憩・休暇を楽しむ。ところが第2の人生を生きる者はそんなにバリバリ働けないし、働く目的も働き方も金稼ぎやバリバリだけでなく多様性があった方が良い。趣味や社会貢献や地域貢献、友との触れ合い(人間関係の充実)なども入れていくと生活が充実し生きがいも湧いてくる。とはいっても年金だけでは食っていけないので、生活費を稼ぐ仕事もやらなければならない。こんな第2の人生では生活費を稼ぐ仕事だけを仕事と言わずに、趣味の活動や地域のための活動も自分の人生を支える仕事と考えた方が良い。第2の人生の仕事にはお金が入ってくる仕事と入ってこない仕事(むしろ出ていく仕事)があるわけだ。ここまでの大筋はある本の受け売りだが、その著者に言わせるとドクターが昨日書いたボランティアもボランティアと考えず(金は入ってこないが人から喜ばれる)仕事と考えた方が良いという。なるほどなるほど等と読んでいたが、今のドクター人生も結構いろんなタイプの仕事にあふれていることに気付いた。お金のための仕事もあるが生きがいのための仕事(冒険指導等)や人から頼まれたことは何でも断らない主義で引き受けた仕事(お金をもらえる場合ももらえない場合もある)、家族や自分のための仕事もあって、第2の人生の仕事としては理想的なことがわかった。意を強くしてこれからもいろんな仕事をして行きたい。
 ☆一昨日の小学校ボランティアの写真。実はこれも第2の人生の大切な仕事だった。昨日は人に喜んでいただける写真を撮る仕事をさぼってしまったのでこれで勘弁してください。仕事をさぼって謝るのは第1の人生の仕事でも第2の人生の仕事でも変わらない。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月26日
    Dr.782 満足感と感謝(9月26日)
    2020年9月25日
    Dr.781 勝手な時分(9月25日)
    2020年9月24日
    Dr.780 もう一つの人生(9月24日)
  • ページのトップへ戻る