ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.269 信号で止まらない(2月9日)

この前目的地へあまり早く着かない方が良い状況で車で向かう機会があって、赤信号に引っかかって時間がかかる方が良いのにと思いながら運転していると、憎たらしいほど信号で止まることがなかった。いつもは急いでいるので、どうか赤信号に引っかかりませんようにと念じながら運転しているが、その場合はなんで自分の前でばかり信号が変わるのかと思うほど、寸前のところで赤信号に変わり車が止められることが多い。これはどういうことだろう。多分実際には急いでいようと、遅れた方が良いと思っていようと信号にひっかかる頻度は統計的には同じ確率だとは思うが、精神的な余裕がある場合とそうでない場合での感じ方が違うということだろうか。これは良いことに気付いた。これからはこの信号教訓を活かして、「別に長生きしなくても良い」「定年後はしょぼい生活でも良い」「家庭生活が幸せでなくても良い」「孤独で退屈な毎日ほどすばらしい」と思って生活していこう。そうすればきっと信号効果で嬉しいことがいっぱい起こるだろう。でもこの信号思考は見え透いていてすぐに本心を見透かされそうだ。
 ☆久しぶりにスーツのズボンを履いたらお腹周りが窮屈でしかたがない。ここも信号思考で「少し太っ腹でも構わない。もっと太っ腹の方が年相応で恰幅がいい」と考えて乗り切ろう。こんなんで乗り切れるか。

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2019年6月24日
    Dr.376 ロスうつ(6月24日)
    2019年6月23日
    Dr.375 子どもはすごい(6月23日)
    2019年6月22日
    Dr.374 その日しかない(6月22日)
  • ページのトップへ戻る