ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.252 本来無一物(1月18日)

「本来無一物(ほんらいむいちもつ)」という禅語は、人間は本来何も持たないで生まれてきて、何も持たずに死んでいくということを言っているらしい。昨日は24年目を迎える阪神淡路大震災のニュースで一杯だった。ドクターもあの震災は神戸で体験し、それ以外にもこれまでの人生で死にそうな目に遭ったことや全財産を失いそうな目にあったことや人生が大きく変わる種々の体験に遭遇し、今こうして今の生活をさせていただいているのは本当にいろんな偶然が働いた紙一重の幸運のお陰だと感謝している。文字通り有り難いことが起こっているという感じだ。たまたま命を含めて今の生活をさせていただいていて、後しばらく(40年ぐらいかな)すれば何も持たないで還っていくのだから、自分の財産や地位を惜しまず自分に出来る恩返しはしていきたいと思う。幸い財産も地位もほとんどないので、ほとんど何も惜しまずに貢献活動ができるのが退職後の利点だ。またこの殊勝な気持ちが揺らぎだしたら、震災の体験や何も持たずに生まれてきて何も持たずに還っていく事実を思い出したい。

☆近所をうろうろしていてたまたま鄙びた温泉を見かけたので入ってみた。ここがいかに鄙びているかはオニの置物や傾いた塔がある庭を見ていただければ一目瞭然だろう。お金(入浴料700円)と時間を惜しまずこの鄙びた温泉につかってボーっとできる有難さを噛みしめながら自分に何の貢献が出来るか考えた。

 

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年10月25日
    Dr.805 即答力(10月25日)
    2020年10月24日
    Dr.804 そこそこ(10月24日)
    2020年10月23日
    Dr.803 弱気(10月23日)
  • ページのトップへ戻る