ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.25 女子パワー

京都のある私立中学生の冒険指導をやった。ドクター班は男子5名女子8名の13名だった。3年生もいるが2年生の方が人数が多い、この活動のためにつくられたグループだ。はじめ彼らを見た時、リーダー(事前に決められた)は3年男子だし、背の高い3年男子もいるので3年男子中心でかなり難度の高い活動(例えば全員が4mの壁を超えるウォールなど)もできるのではないかと踏んだ。しかし実際やってみると、2年生女子たちのパワーがすごい、2年男子は手先のように使うし「〇〇(呼び捨て)、大きな声出さんと早く行け(その男子は怖くてワーワーわめいていた)」、3年男子には一応敬語は使うが実態は2年男子と同じく彼女らが動かしている「〇〇先輩、手の長さを活かしてあのロープを取ってください」等。改めて女子のパワー(特に集団になった時の)の凄さを感じた。そう言えば前の高校でも今の娘の中学校でもPTAの活動も、大人女子パワーがさく裂している。これまでの人生を振り返っても、やはり生き物は女性というのかメスが強い。生物学的に言っても雄は雌には勝てないようにできているように思う。ドクターなどは既に戦意も喪失している。女性にはこれからも自信をもって昨日の中学女子のように女子パワーを使って活躍してほしい。

☆快晴の中、東条湖を回ってHAP拠点の嬉野台生涯教育センターへ。

 

☆快晴の中、女子パワーがさく裂した課題解決型活動(冒険活動)。遠慮がちで言われたままに動く男子が、自分と照らし合わせて愛おしい。がんばろう男子。

 

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月26日
    Dr.833 レベルの低い感謝(11月26日)
    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
  • ページのトップへ戻る