ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.23 ルックグッド

トレーニング仲間の市内T中学校ALTコーディーから「タンゴセンセイ ルックグッド」(元気に見えますよとか何とかの意味だと思われる)とかなんとか言われた。もちろんブロークンイングリッシュでだ。コーディーはアメリカ生まれで英語はペラペラだが、相手が英語好きだが言うほど英語が喋れないおっさんの場合にはブロークンイングリッシュとなる。流暢イングリッシュでしゃべっても相手が理解できないからだ。「相手が理解できる言葉を使う」というのはコーディーがおっさんに話しかける場合だけではなく一般的にも大事なことではないかと、何からでも教訓を得るのが好きなドクターは思った。話がそれたが、「元気そうですね」というのは英語でも日本語でも退職後に出会う知り合いによく言われる。自分では結構忙しく思ったほど「お気楽な毎日」を送れていないと思っているが、他人からは元気そうで活き活き好きなことをしているように見えるらしい。アウトドアでの冒険指導や農作業で日焼けしているのが元気に見えるのかもしれないが、外から元気そうに見えるということはもしかしたら内で自分が思っているほど、退職後人生を楽しめてないこともないのかもしれない。ここで又教訓好きのドクターはかつて、「自分のことは自分が一番よく知っていると思うな。他人の意見を参考に自己認識を改めるのも良い」という教訓を人に話したことを思い出した。今は自分に言う必要があるのかも。

☆営業先で、ある教育事務所の副所長に名刺を渡すところ。どこでも所長でも副所長でも校長でも事務長でも課長でも指導主事でも臆せず名刺を渡したり話しかけたりするドクターには「自分中心に世界が回っていると勘違いしてはいけない」という教訓が必要だ。

☆移動中に見た草花。「きれいな景色で身体の中もきれいにせよ」という教訓が聞こえる。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月26日
    Dr.833 レベルの低い感謝(11月26日)
    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
  • ページのトップへ戻る