ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.210 ただ起きる出来事(12月3日)

毎日起きるいろんな出来事に一喜一憂するドクターを見かねたのか、「世の中の出来事はただ起こり、それに対して私たちが反応しているだけ」という趣旨が書かれた本に出合った。この考え自体は以前にも聞いたことがあり、世の中のたんたんと起こる出来事に色は付いておらず、その無垢の出来事を「良いこと」「悪いこと」に解釈する自分の考え方次第で、良い出来事になったり悪い出来事になったりするんだという考え方だ。自分の色のついた解釈は、「こうあらねば」「こうありたい」という自分のこだわりやとらわれから出てくる。だから自分の勝手な思い込み(とらわれ)から離れて、出来事を出来事と見て冷静に最善の対応をしていけば良いということになる。理屈ではわかるがそれが出来ないから苦労しているんじゃいと言いたいところだが、一理あるのは間違いないし、このタイミングでこういったことが書かれた本に改めて出会ったことにご縁を感じ、ちょっと最近から今日明日の出来事を「ただ起きる出来事」として対応してみようと思う。この決心自体何度かしたように思うが、そのことにもこだわらず再チャレンジしたい。かくしてドクターのお気楽な毎日道の模索は続く。

☆この葉っぱを取って根元を切って逆さまに集めて天日干しした黒豆をしばらく干した後、灯油をたいた温風で乾燥させる「黒豆乾燥機」を作業場に組み立てた。

 

 

☆無事組み立てが出来て喜んでいるドクターだが、今日のブログ趣旨から言うと、単に部品が揃っていて組み立て順通りに作業が出来ただけだから一喜一憂してる場合ではないということななるのだろうが、毎年何かトラブルがあってうまく完成できなかった経験から言うと、今年割とスムースにできたことはやはり嬉しい。今日のブログ趣旨が試されるのは、主に「一喜一憂」の「一憂」の際だ。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
    2020年11月23日
    Dr.830 物忘れ功罪から(11月23日)
    2020年11月22日
    Dr.829 新たな発想(11月22日)
  • ページのトップへ戻る