ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.202 ファシリテーター振り返り(11月25日)

決まった勤務日を持たない定年後生活者の充実には、空いた日を作らず毎日を何かしらの用事で埋めて、ぼおーっと来し方行く末を考える時間をできるだけ短くするのが良いと考えるドクターは、最近この方針通りバタバタと慌ただしく過ごしている。悩む時間を作らないという点ではまあまあ効果を発揮しているが、ブログ更新は滞りご迷惑をおかけして申し訳ありません。さて昨日1・2学期通算9回という指導を終えたK中学校の土曜講座に関わったファシリテーター仲間がこの間の指導を振り返った。最終回の指導で班員10数名の生徒全員から一人一人個別に感想を聞きその間他の生徒は自分達で時間を過ごすという大胆な試みをやった人がいて、その間生徒たちは自主的に自分達で遊びを組み立て展開していたという。他にも皆さん工夫を凝らした指導の様子を話された。他にも我々の指導後も生徒たちに関わっていかれる先生方に活動中の生徒たちの様子を知ってもらうためにビデオ撮影をしてはどうかと言う話や全10回の目標を明確にしなければならないか、明確にしすぎると実際の生徒の実態と乖離したときに有効でないので「生徒たちが主体的に学ぶようになる」ぐらいの緩やかな目標の方が良いかという意見や「この煮込みうどんはあらかじめ煮込んでなくて、席に出されてから携帯コンロで煮込むんかい」(ファミレスでの振り返り会で一人煮込みうどんを注文したドクターの意見)、「ビデオで撮られたら自分のいい加減な指導が知られるので困る」(次第に生徒になめられほとんど指示が通らなくなったドクターの意見)など様々な意見が出された。参考にはなったが、よく考えた鋭い意見やどこに出しても恥ずかしくないような自分の実践を語る他のファシリテーター仲間の熱さに比べて、お気楽にその回が終われば良しとするドクターは自信を失いかけていたが、最後に「そうはいっても、生徒と仲良く戯れるドクターの真似はできませんよ」みたいなことを言われて上機嫌が戻ってきた。単純な褒め言葉で一喜一憂するファシリテーターって困ったものだ。

☆K中学校土曜講座の終わりの会で代表ファシリテーターPochiの話を真剣に聞く生徒達。

 

☆ドクターのわちゃわちゃした最終回指導の様子と担当した生徒達との記念撮影。生徒に言われれば何でも受け入れるのではなくもっと主体性を持ったファシリテーションをしてほしい。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
    2020年11月23日
    Dr.830 物忘れ功罪から(11月23日)
    2020年11月22日
    Dr.829 新たな発想(11月22日)
  • ページのトップへ戻る