ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.192 生徒ロス校長ロス(11月13日)

ご縁を頂き前任校で校長会研修をさせていただいた。その前後に校内をうろついていると顔見知りの先生や生徒達と出会った。先生方の反応は普通(前に勤めていたおっさんがなんで校内をうろついているねん。こっちは授業の支度や生徒の支援で忙しいんじゃって感じ)だったが、生徒特に女生徒の反応は涙が出るほど嬉しいものだった。「お帰りなさい」「元気でやってます」「先生もお元気そうですね」「今日は光合成やってません」「〇〇に進路決まりました」「今のところ成績大丈夫です」「丹後が来てるっていうから見に来た」「私のことが心配なんやろ」とかなんとか、在籍中と同じように笑顔で話しかけてくれる。やっぱり退職後に時々感じる寂寥感はこの生徒達とこのような触れ合いが無くなったからだと改めて感じた。これを「生徒ロス」とか「校長(職)ロス」とかいうのだろう。ともかく、みんな元気そうで良かった。校長をやっていればやっているでいろんな厄介なことも起こるが、辞めたら辞めたでそうした厄介ごとは無くなるが、「生徒との触れ合い」や「校長やからできること」もなくなる。「とかく世の中二つ良いこと、さて無いものさ」という感じだ。現役校長先生方には、現役中の今だからできる活動を存分に楽しんでほしい。

☆こんな写真を毎日撮ってたあの頃を思い出す。「生徒ロス」「校長職ロス」だ。特に心配なこの子(たち)が卒業するまで「ロス」は続くような気がする。

 

☆現役バリバリの真面目な校長先生方に「雑でいい加減な生き方の話」は参考にならなかったかも。それでもこんな講師にお付き合いいただきありがとうございました。お預かりの生徒たちのためによろしくお願いいたします。現役時代大したこともしてないのによく言うよっていう声が聞こえてきそうだ。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月18日
    Dr.775 親ガチャ(9月18日)
    2020年9月17日
    Dr.774 初体験(9月17日)
    2020年9月16日
    Dr.773 足し算命(9月16日)
  • ページのトップへ戻る