ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.174 余裕の青パト(10月23日)

夜に青パト(青色防犯パトロール)で地域を回った。運転手のおっさんと助手席のおっさんと後部座席のおっさん(ドクター)の3人で、運転手のおっさんの車に防犯を呼び掛けるスピーカーと青色回転灯をつけて小学校区を回った。今はドクターの田舎では黒豆の枝豆出荷が最盛期で、多くの家が朝早くから夜遅くまで作業をされている。この運転手のおっさんも大規模に受注して黒豆枝豆を出荷されているが、その中で、この地域の防犯ボランティアは最初から休む気はなかったと言われる。パトロールが終わってからまた豆の作業をされるという。そんな忙しい中の1時間半ほどのパトロールだったが、終始余裕のある態度で隣のおっさんと世間話をしながら巡回し、終わってからも直ぐに帰って作業をするなどいう様子も見せず、余裕の歓談を続けている。朝早くからの黒豆袋詰めと明日の冒険指導の準備で出来ればパトロールをさぼろうかと考え、何とか参加したものの、作業の疲れと明日の心配から雑談にも身が入らず、そのうち後部座席で寝てしまい、パトロール後は「後のこともあるので今日はこの辺で」と歓談を打ち切らせたドクターとは大違いだ。後のことがあるのは、ドクターではなく、運転手のおっさんなのだ。ドクターはこのことから、やはり人間にはジタバタせず今やることに余裕をもって取り組む態度が大切なことをさとったが、帰ってすぐ寝て、早朝に起きてバタバタ豆の袋詰めや今日の冒険指導準備をやっている。余裕の生活はまだ遠い。

☆この前の黒豆パーティーとお宮さん駐車場ソフトの写真と次の日テントやコンロの後片付けをバタバタするドクター。

 

 

☆バタバタ片づけをしている時に、石畳に顔が作られているのを見つけた。子ども達が作ったのか、青パトおっさんの余裕共々この余裕を見習いたい。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年11月25日
    Dr.832 仕事と休みの境(11月25日)
    2020年11月24日
    Dr.831 お天道様は見てる(11月24日)
    2020年11月23日
    Dr.830 物忘れ功罪から(11月23日)
  • ページのトップへ戻る