ささやま冒険教育

お問い合わせ

Sasayama Adventure Project

Dr.157 種を播く(10月3日)

大学院時代の先生に押していただいた「来る者は拒まず去る者は追う」という方針を、現役時代高校現場では大切にしていた。まだ成長途上の高校生に一時の決断で学校を去らせてはいけないという思いだ。引き止め引き留め、やるだけのことはすべてやった上で学校を去った生徒はいたが、それでも悔いは残る。それとは少し違うが、定年後の生活では「来るモノは拒まずやってみる」という方針で、できるだけいろんなご提案を引き受けようとしている。その一つが先日あった「高校生地元就職応援委員会」だが、そこには企業関係者や学校関係者等が集まり、如何にして地元の若者に地元企業に就職してもらえるかを議論している。委員の皆さんはみんな熱心で、委員長として司会をしながらそれぞれの意見に感心したり、疑問に思ったことは聞いてみたりして、なかなか充実した時間を過ごさせてもらっている。委員会を運営する事務局の方は大変だと思うが、委員長ドクターは「いろんな意見が出ますので、もうまとめることはあきらめましたから、さらにどんどん思いついたことを発言してください」と宣言して早々に議長の役割を放棄しながら議論を楽しんだ。困った委員長だ。その中である委員から出た「種を播く」という言葉が気に入っている。いろんな施策がすぐに成果(地元就職)に結びつかなくても、市の魅力や市内企業の情報などの種を播いておけば、いつか芽が出る(地元就職に結びつく)という考え方だ。世間は早急な成果を求めがちだが、長い目で見て種を播いておくことが大事ではないだろうか。今回ノーベル賞を重唱された先生もそのようなことを言っておられたし、ドクターもそう言っておられる。全然レベルが違いますけど。

☆いろんな意見が出た委員会。種を播くことの大切さを学んだ。

 

☆嬉野台生涯教育センターで冒険指導しながら、子ども達に将来の人生に役立つ種を播いた。つもりですけど、逆にドクターの心に種を播かれたかもしれません。

 

  • ドクターのお気楽な毎日

  • アーカイブ

  • New

    2020年9月22日
    Dr.779 定年本(9月22日)
    2020年9月21日
    Dr.778 定年ぼっち(9月21日)
    2020年9月20日
    Dr.777 レジリエンス(9月20日)
  • ページのトップへ戻る